母子感染するB型肝炎

注射ウイルスというのはとても恐ろしいものです。感染力が高く、次から次へと感染が広がっていきます。主に垂直感染と水平感染という経路が存在しています。たとえばB型肝炎ウイルスというウイルスが日本で多くの方に感染が広まってしまった歴史があります。これは集団予防接種の際に同じ注射器を使いまわしてしまったことによります。これは完全に国のミスであり、そのため給付金を支給するための法律が制定されました。注射器の使い回しのような感染経路は水平感染と呼ばれています。

一方、垂直感染の例として母子感染があります。こちらは母から子へとウイルスが受け継がれてしまうというものです。集団感染によって知らないうちにB型肝炎のキャリアとなっていた方が、そのまま結婚をして子供を産んだ結果として、子供にまでB型肝炎が伝わってしまったのです。母子感染する病気だからこそB型肝炎ウイルスというのは怖い病気であり、被害がどんどん広まってしまったのです。

こちらでは母子感染するB型肝炎について説明します。母子感染とはそもそもどういったものなのか、また、B型肝炎の給付金についても取り上げています。今でも多くの方が苦しんでおり、給付金を請求できる権利を持っている人がたくさんいるのがB型肝炎です。そんなB型肝炎についての理解を深めましょう。今では感染者は減っているのですが、新しい経路として性的接触で感染する方も増えています。B型肝炎というのは過去のウイルスではなく、きちんとした知識を持っておくべきでしょう。