給付金請求について

母子感染B型肝炎に感染した人は国から給付金を受け取ることができます。ただし、これは過去のある期間内に集団予防接種を受けて感染した人やそこから母子感染してしまった人を対象としています。法律によって要件が定められており、それを満たしている人だけが国に対してB型肝炎の給付金を請求することができるのです。これはB型肝炎特別措置法によって定められていることです。こちらの法律には期限があるため、対象者の方はできるだけ早く訴訟のための準備をするべきでしょう。

国から給付金を受け取るためには国に訴訟をして、裁判を通して和解するという流れとなっています。そのため簡単に申請をすればすぐにお金を受け取れるというわけではないのです。B型肝炎の感染者すべてに給付金が支給されるわけではなくて、あくまでも国の落ち度として感染してしまった方に対する給付金となっています。特に母子感染した方が多いため、そのような方は給付金を申請しましょう。本人が気がついていないけれども母子感染しているというケースはあります。そのため、気になる方は検査を受けましょう。

給付金は遺族の方も対象となっています。詳しいことについては弁護士に相談をすると教えてくれるでしょう。